• ニシムラマユミさんのワークショップと食事会

    宗像発酵研究所で下記のイベントを開催!

    ニシムラマユミ×宗像発酵研究所

    世界のポップミュージックのアイコン、マドンナのプライベートシェフをマクロビスタイルで長年務めたニシムラマユミさんを発酵研究所にお招きしての二日間。

    4月20日金曜

    「ニシムラマユミさんと共に作って食べておしゃべりして」

    食材の買い出しから開始します。

    15時 市場で一緒に買い物

    16時 発酵研究所にてお料理開始

    食べて飲んでおしゃべりして

    20時半 後片付けも共に楽しみます。

    21時 終了予定

    会費5000円+実費(野菜など食材にかかった費用をみんなで割ります)

    21日土曜

    ニシムラマユミの食事会

    (お料理を味わっていただくだけでなく、レシピなどについてのお話しも聞けますし、質問などにもお答えします)

    宗像発酵研究所にて

    18時開始

    20時半終了予定

    会費10000円(食事代)

    自然派ワインや紅茶などのドリンクは別途注文。

    ニシムラマユミ /マクロビオティックコーチ・パーソナルシェフ

    1982年に単身渡米し、マクロビオティックの世界的権威である久司道夫氏に師事。その後クシ インスティテュート ベケット校の設立に参加し、同行の料理主任および料理講師に就任。同時にガン患者への料理指導も行う。2001年より歌手マドンナのパーソナルシェフを務め、ロンドン、ロサンジェルス、ニューヨーク、東京を中心に活動。ゴア元副大統領、スティング、ブラッドピット、ガイリッチーをはじめ、多くのセレブレティにマクロビオティックの食事を提供してきた。自伝的著書「小さなキッチンの大きな宇宙」や数々のレシピ本などを出版。「MAYUMI’S KITCHEN」はアメリカ、ヨーロッパ、アジアなど広く海外でも親しまれている。2009年、2010年にはマクロビオティック振興を推進するキューバ政府から招聘され、フィンレイインスティテュート(ワクチン研究所)における指導、有機農業や海洋調査などに協力。現在、アラスカに住みながら日本や世界を精力的に駆け回っている。

    宗像発酵研究所

    2017年11月、宜野湾市のKAKAZU VILLAGE(嘉数1-20)に新しい施設が誕生。天然酵母のパン屋・宗像堂による発酵を体感できる学びの施設。宗像堂の天然酵母を使ったパン作りが体験できる講座など、発酵にまつわるワークショップや研究会を定期的に開催。研究所内には“飲む”に焦点を当てた専門店LIQUIDによる、酒屋「LABO LIQUID」を併設。イタリアの自然派ワインや奈良の日本酒をはじめ、発酵にまつわる道具類も並び、試飲、角打ちも楽しめる。宗像堂より徒歩20歩。